MMT(現代貨幣理論)実行中!

怖いからボタンを押せない

という人がいる

失敗を恐れて行動に移せないのだろう。

ほんとに怖いのは
そういう選択をし続けた結果、
何も変化ない人生を送り続けた事。

安定が良いという神話を信じ続けた
結果、安定ではなく転落の手前まで
来てしまった日本…

ずっと変化していないのは不自然なこと

昨日と同じ事の繰り返しを
毎日続けて、その中でも
人それぞれ事件に遭遇し、
大きく人生を変える様な
きっかけで変化をしている。

この地球に住む人全て変化しているし、社会も経済もそう。

変化してないモノや概念があったら、
よーく観察してみる事だ。

キャシュレス化で変わったと
見せかけられているが
ずーっと変わってないのが、
お金の仕組み

節約なんかしたくない

未だに貯蓄をすすめる記事が目に入る
Fプランナー とかが
節約、節約と。

嗜好品(たばこや酒、お菓子)が無駄だと。
自炊して節約しようとか。

化粧品も手作りで十分とか。

退職者は節約のため
普通車から軽自動車に替える人たちがいる。

今度は、車を捨てよう。と勧める。
マイホームを売却し、都心に移り住んで、
歩く生活をしよう。体にも良いし、と。

断捨離ブームでモノを捨てさせておいて、
今度は老後資金を貯めるのために
生活レベルを下げていけと。

頭を抱えるような記事がネット上にあった。
お金のプロであるファイナンシャルPが

お金の事を全く理解していない。


 

所得が上がらない、貯金が無い状況を
無駄使いのせいに思わされてはいないか

その無駄がないと結局、経済は潤わない。

一見、他人からは無駄だと思われる
消費行動はその人を癒す消費ならば、
それは良いではないか。

必要最低限のものしか必要無いなら、
お隣の北◯◯と変わらないじゃないか?
それに、GDP も落ち込む。

日本は経済後退真っ只中、促進中だ。

お金の仕組みを知らないと騙される

老後の不足資金を今から節約して
コツコツ貯めましょうという。

もちろん借金がある人は
それから精算し、貯蓄することになる。

実は、皆が借金を返済したり
貯蓄すると、お金は減り、世の中にお金
回らなくなり、(デフレ)結局自分たちの首を
絞めるのだと気付いてる人は少ない。

お金がぐるぐる回る状態を作らないと、
節約では間に合わないことが起こる。

お金のしくみを知れば、マスコミや
政治家が嘘を垂れ流している事
気づく。

お金が生まれる仕組み、信用創造▼▼▼ウィキペディアより

最近、テレビでも取り上げられてご存知の
方もいるかも知れないが
MMT(現代貨幣理論)だ。

どうにも、こうにも今の金融制度では
限界が来ているので

自国通貨建てで通貨が発行できる国が
国家破綻はあり得ない。
国債発行して借金して
国家運営したって何も問題ない!
と言い出した。
(アメリカのケルトン教授と実は過去に
財務省もホームページにて同様の事を発している)

最終的に、
もう、日本円すりませーん。
と、政府がタオルを投げれば
日本は破綻する
が、
それはしないでしょ?

既に日本は数十年にわたり借金をし続けて
日本を運営しているが破綻していないし、
ハイパーインフレも起こってない。

デフレのまんま。

今の日本の状態はMMTを実行中!

では、日本は借金が膨らみ、資金が無いよ~。
消費税上げていいですか?って言いるが、

これは誰が得するの?

⇊お問い合わせはコチラ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です