m365コインが必ず上場する理由

正式名は、
クリプトカレンシー エクスチェンジ
スリーシックスファイブ
Cryptocurrency Exchange 365

と言います。

長いよね。

なので365取引所と言ってます。

パナマ法人です。

過去にマイニング事業投資サービスをしていたMonetize 365 Singappre が親会社で
その365を取引所名にしたんだね。

親会社はシンガポールにあり、
取引所はパナマだそうです。

ただ、暗号通貨取引所はネット上のものなんで、
パナマに在籍していると言うだけかも知れないです。

オフショアだし。

パナマのアビソライセンスを持つ投資会社が運営をします。

 パナマ運河で知る人もいると思います。最近ではパナマ文書で注目を浴びています。

そう、オフショア(租税回避地)です。外国人には税制面で優しい国。パナマ共和国の金融事業資格がアビソライセンスです。

365取引所の特徴

①取り扱い通貨150種以上を予定

日本の取引所でも、ドンドン取り扱い通貨を増やしている、何故ならそれだけ顧客が増えるからだ。

世界には2000種を超える暗号通貨がある。自分が購入したコインがどこの取引所にも扱いが無かったら、どう思いますか?

コインが上場したら、世界中の人がそのコインの存在を知り易くなり、購入し易くなります。

そして、売ったり買ったり出来るのです。そんな場所が無いと、買い手や売り手を自分で探してまわる事になります。

品揃えの少ないお店と、多い店ではどちらの方がお客様が多いでしょうか?

食品だけのお店、日用品だけのお店、肉だけ売ってる店、魚だけ売ってる店…

いまでは、スーパーマーケットと言わず
モールとでもいいますか、何でも売ってる店へ客足が伸びています

暗号通貨取引所も同じで、取り扱い銘柄(品数)が多い方が顧客数が多いのです。

顧客数=口座開設数

取引所は手数料で稼ぎますので、
顧客数が多い方が、基本的には儲かります。

②1日の送受信3BTC以内ならKYCが不要

日本の取引所では、口座開設するだけでも個人情報を提出しないといけません。

入金するには、同名義の銀行口座情報を入力します。

住所証明できる免許証などの画像を送信します。最終的に本当に其処へ住んでるかの確認でハガキが届きます。

それを受け取らないと口座開設は出来ないので、返送なんかされると登録に要した努力と時間が水の泡です。

365取引所は、法定通貨を扱ってないので、国の介入を受け難い環境です。

1日あたりの資金移動がビットコインで言うと3BTC、未満であれば身分証明の提出が不要です。これはとてもニーズがあります。

③強固なセキュリティ

と、言われて直ぐに納得できないかもしれませんね。
今現在、ハッキングに合ってないからと言って将来どうなるかわかりませんからね。

海外大手取引所B社、日本の●F社と同じセキュリティ会社を使っています。

④法定通貨は扱わない

②でも触れましたが、法定通貨を扱わないと言う事は、その国の規制を受け難い事を指します。

ネット上に存在する暗号通貨取引所ですから、どの国の規制にも合わせる、ということは複雑になります。

ユーザーの国籍と取引所の登録所在地のルールで考えなければならないでしょう。


ユーザーが日本人の場合、どの国の取引所を開設しても構いませんが、取引所によってはその国の銀行口座や身分証明書が必要な場合があります。


法定通貨を扱わないと言うことは、その様な面倒な手続きが不要で、メールアドレスだけで開設が出来たりします。

どちらが良いとかと言う事ではなくて、どちらが選ばれるか?ニーズが合う方を開設すれば良いのです。

⑤オリジナルコインを発行

バイナンスという大手の取引所が、最初にオリジナルコイン発行し上手く行った事を発端に、数々の取引所が真似を発行しました。

しかし、バイナンスのバイナンスコインの様な成功を収めている取引所はありません。

バイナンス取引所内で使う為のコインが、今では価値が上がり他の取引所でも売買がされています。

オリジナルコインを取引手数料として使えば、手数料が最大で半額になったり、コインを保有しているだけで配当が貰えたりします

そのほか上場させたいICOの投票券として使ったりと、今までに無いコインが現れました。

暗号通貨が取引所で上場されても、実経済で支払いに使われているものは殆どありませが、取引所コインは使う所がハッキリと決まっています。
使う場所、上場先がわかった上でICOされます。


365コインを使えば、取引手数料が初年度は、半額になるサービスがあります。

バイナンスでは五年目は割引がありませんが、
365コインは五年目以降も割引が継続します。

⑥大手取引所バイナンスと板の共有そして、 他2社とも契約成立

取引所は売り手と買い手のマッチングサイトです。

Aコインを売りたい人がいてAコインを買いたい人がいてはじめて双方の願いが叶います。

Aコインを売りたい人ばかりがいてAコインを買いたい人がいなかったら、売りたい人の願いは叶いません。

取引所のユーザーが少ないとこういう現象になりやすいのです。

そこで、365取引所は既に多くのユーザーを獲得しているバイナンス取引所と板の共有をする事にしたのです。

オープンしたばかりの365取引所はユーザーが少ないと予測できます。

売りたい時に買いたい人が見つかり難い、又その反対もあるでしょう。
板の共有をする事で約定し易い環境をつくります。

バイナンスのほか香港とシンガポールの取引所とも契約が決まりました。

 

 

ICOにありがちなのは、
上場するすると言って中々上場しなかったり、上場してもメジャーな取引所でなかったりして、投資家を困らせています。

365コインは、365取引所で支払手数料として使えます。365取引所のコインですから取引所がオープンすれば上場は必ずします。

また、オープンしたばかりですと、メジャーな取引所でないという事になりますね。

こちらは日本にサポートしてくれる会社が存在します。又、日本語でのチャット対応、メール対応もしてくれるので操作方法で困ったときなどは大変便利だと思います。

ネットでユーザーが取り扱い方法、操作方法をあげてくれる人がいますが、
やはり直接口頭で聞けるのは有難い環境ですね。

海外の取引所でトレードをしたいが、全て英語表記ですし、google先生が翻訳してくれても、わけわかんない時がありますからね。

365コインは、365取引所オープンとともに上場します。

 

⇊お問い合わせはコチラ

    ⑤オリジナルコインを発行

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です